おりものから悪臭がする場合は性病の可能性が!?

あまり神経質になりすぎずに性病を正しく理解して、正しい対策を

閉経後や思春期が始まる前の女性であればおりものが出るのは普通のことです。排卵の頃は月経と、月経の中間あたりなので、おりものの量が増えるのは自然のことです。

それだけではなく、ねばねばした白濁色のものや黄色がかったものが出てくることもあります。おりものが普段より多く出ると、周りに臭ってないかと気にする女性はいると思うので、おりものシートを短いスパンで交換したり、替えの下着を用意しておくと、いざというときに助かります。

それでも、夏場は特に蒸れるので少し臭うということがあるかもしれません。こういう場合は少し酸っぱい匂いがしていますが、それは空気に触れていることで酸化してしまったせいなので、病気というわけでありません。

『STOP STD』

性感染症の疑いがある例

上記とは違っておりものの臭いがいつもと違って悪臭としか思えないような臭いだった場合は注意が必要です。

膣トリコモナス症

おりものにかなりの悪臭があり泡状なのが特徴で、性行為をすることによって感染する可能性が出てきますが、経験のない女性が感染する可能性もあります。

そういう場合考えられる感染経路は下着やタオル、便座や浴槽等からです。この病気の原因はウイルスではなくてトリコモナス原虫の寄生が性器に侵入して炎症が起こると言う性病です。

カンジタ症

この病気は悪臭だけではなくて、おりものがポロポロとしたチーズみたいになってしまう例があります。風邪の時や疲れてしまうなどして免疫力が落ちてしまった場合や、妊娠中の時なども発症してしまう可能性があります。

発症してしまうとものすごい痒みを感じるので、速やかに病院に受診しましょう。

クラミジア

大量のおりものや下腹部の痛み、不正出血、性行為の時の痛みなどが起こりますが、おりものから悪臭が出る場合もあります。

男性の場合は自覚症状が出にくいのが特徴なので、本人の自覚のないままに感染が拡大してしまう例が多いです。

トイレのウォシュレット機能を過剰に使用するのは危険

あまりに神経質に臭いを気にしてしまうと、トイレのウォシュレットの機能を過剰に使ってしまうという人がいますが、あまりやりすぎると綺麗になるどころか常在菌も一緒に流してしまうので、逆に雑菌が増殖してしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加