性病の感染ルートは性行為のみですか?

性病の感染ルート

性病の種類にもよりますが、基本的に性病は体液と粘膜が触れ合うことによって感染します。つまりほとんどが性行為、またはそれに類する行為によって感染し発症します。

股間を衣服の上から手で押さえる男性

体液と粘膜の接触とは

ここでいう体液には、汗や鼻水は含まれません。感染させる体液とは、血液、精液、膣液などです。粘膜とは、ペニスや膣、尿道、肛門、そして口の中などです。

つまり通常の生活を送っていて、空気感染や飛沫感染などで性病にかかることはないのです。性病の原因となる、細菌やウィルスは感染力が弱いため、空気や水に触れると死滅し、トイレやお風呂で感染することはほぼありません。

性病の感染ルート

性器挿入

コンドームなしで直接性行為を行った場合、かなりの確率で感染します。例えば日本人に多いクラミジア感染症の場合、50%以上の確率で感染すると言われています。

また患部がコンドームで覆われていない場所に発症する梅毒や性器ヘルペスの場合、コンドームの有無に関わらず感染する恐れがあります。

オーラルセックス

性器が直接触れ合わなくても、口や舌などを用いて性器を愛撫すると感染します。この場合口や舌の粘膜が感染経路になります。

風俗などで感染者の喉にある病原体が、オーラルセックスによって性器へ感染した事例が報告されています。

ディープキス

通常のキスで感染することはまずありませんが、粘膜が触れ合うディープキスで性病に感染する人がいます。特に淋病・クラミジア感染症の場合、喉に感染しても少しの痛みしかでず、本人が気づいていないケースがあります。

また梅毒や性器ヘルペスに感染する可能性もあり、ゲーム感覚でディープキスをすることは危険です。

[性行為以外で感染する性病]

原虫が原因で感染する性病、膣トリコモナス症やケジラミ症は下着、タオル、便器、浴槽などで感染する場合があります。自分や大切なパートナーが、性病にかかったことを知ると大抵の人はショックを受けます。

性病は珍しい病気ではなく、治療も可能です。しかし性病にかかると、浮気の発覚やパートナーへの不信感など別の問題が発生しがちです。

しかし、実際のところ感染ルートを完全に把握することは不可能です。なぜなら病原菌やウィルスを体に宿したまま気づかないで生活している人が大勢いるからです。

もしかしたら自分が何年も前に付き合っていた人から既に感染していた可能性があります。それでまずは、病院に行かれて適切な治療を受けられることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加