銭湯や温泉に入ったら性病がうつってしまうの?多くの人が使用する共用の場所に行く場合には、自分の体調のチェックをしてから行こう

銭湯や温泉に入ると性病がうつってしまう場合がある

これは衝撃的な話ですが、本当のことなのです。この事実を知ってしまったら怖くて銭湯に行くのをためらってしまいそうになりますよね。しかしながら銭湯や温泉で性病がうつる確率というのは極めて低く、利用したからといって、性病にかかったという人を探すのはとても難しいです。

一時的に抵抗力が弱っている場合は、感染の可能性が

しかしながら、病気の時や妊娠中で体の抵抗力が落ちているときには普通の状態よりは感染のリスクが高まります。

膣トリコモナス

トリコモナスと言われる原虫が膣や尿道に侵入して炎症を引き起こしてしまうと言う性感染症です。トリコモナスは乾燥には弱いですが、水の中ではめっぽう強いのが特徴です。ですから銭湯や温泉、公衆トイレやプール、タオルなどの水気のある場所で感染してしまうと言う例があります。

しかも、体の構造上、これらの感染経路で病気になってしまうのは圧倒的に女性が多く、男性が感染してしまう例はほとんどありません。

膣トリコモナス

毛じらみ

毛じらみはシラミの一種で、陰毛に寄生して血を吸ってしまいます。感染経路はもちろん、性行為というのもありますが、タオルなどを共用している場合にも感染する場合があります。水の中では感染する可能性は低いですが脱衣所やトイレなどで感染する可能性があります。

銭湯や温泉では、クラミジアがうつる可能性はほとんどない

感染力が強く、日本で最も感染者が多いとされているクラミジアは温泉が銭湯で感染する可能性は低いですが、元々の感染力自体が他の性病よりかなり強く、ほとんど自覚症状が無いので、知らないうちにかなりの拡大をしてしまうのです。厄介なことにクラミジアを治さないと、HIVに感染してしまうリスクが上がってしまうため、注意しなければならない感染症です。

参酌■ジスロマックの通販・個人輸入代行なら後払いOK|アイドラッグマート http://www.idrugmart.asia/drug/zithromax.html

なので、クラミジアに感染しないためには正しくコンドームを使うことと、性行為を不特定多数の人と行わないことです。

銭湯や温泉を楽しむために

このような話を聞いてしまうと銭湯や温泉に行くのが怖くなってしまい、行くのを控えようかという気持ちになるかもしれませんが、行くのが趣味だと言う人もいるでしょうし入る場所を間違えなければいいのです。銭湯や温泉を選ぶポイントはちゃんと管理がされている清潔な場所であるかというところです。

それに、自分の体調にも気をつけて、抵抗力が落ちているなと思ったときは、なるべく他の人と共用するような場所には行かないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加