軽い排尿痛があります。気のせいかもしれませんが、性病でしょうか。排尿痛などの違和感があるなら性器クラミジア感染症の可能性がある。

[違和感があるならすぐに病院へ]
現在、性病は珍しい病気ではありません。もし少しでも痛みや違和感があるなら、男性なら泌尿器科、女性なら産婦人科へ行き、すぐに検査することをお勧めします。

排尿痛がある方で、一か月以内に新しいパートナーやよく知らない人と性行為をされた方は、性病にかかっている可能性があります。

[自覚症状が出にくい性病]
性病は症状が比較的軽く、放置されるケースがあります。自覚症状のない人が、複数の人と性行為を行うため、感染がどんどん広がっています。

[自覚症状が出にくい性病]

感染してから、1~3週間ほど症状がまったく出ないケースもあります。またオーラルセックスやディープキスなどでも、性病に感染する事例が報告されています。

例え自覚症状がなくても、性行為をした相手が性病にかかっていることがわかったなら、すぐに病院で検査をするべきです。

[排尿痛を引き起こす性病]
軽い排尿痛やかゆみなどの違和感があるなら、性器クラミジア感染症や淋菌感染症、膣トリコモナス症が考えられます。梅毒は、しこりやリンパの腫れなど別の症状が伴います。

特に日本で多いのは性器クラミジア感染症です。症状としては、男性の場合、尿道からうみが出る、排尿痛、かゆみ、発熱などがあげられます。

症状が進むと、前立腺炎になる恐れがあります。女性の場合、おりものの増加、下腹部の痛み、性行時に痛みが出るなど症状は様々です。

症状が深刻ではないため治療せずに放置しておくと、卵管炎、そこから不妊症につながることもあります。

[病院に行き治療を受ける]
症状が軽いうちに病院に行き、治療を受けてください。治療費は症状や性病の種類によって異なります。クラミジア感染症を例にとって考えてみると、診察、検査、薬代込みで1万円から2万円で済みます。

通常抗生剤を1週間ほど服用し、再検査を受けます。最後に陰性になっていると確認されてから1か月ほどして、再々検査を受けてください。本当に完治しているかを確認する必要があります。
 
性病と聞くと、恥ずかしい気持ちから検査を躊躇しがちです。しかし重症化しないために、また大切なパートナーを守るためにも、すぐに病院に行って検査することをおすすめいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加